ビリヤードポータルサイト
ビリヤード専門ドットコムタイトル
はじめに
  ビリヤード専門ドットコムとは
  ビリヤードとは
ビリヤードの基本
  ビリヤードルール
  ビリヤード用品
  ビリヤード用語
ビリヤードの実践
  ビリヤードテクニック
  ビリヤードプロ
ビリヤードのリンク集
  ビリヤード場リンク集
  ビリヤード店リンク集
  ビリヤード団体リンク集
  ビリヤードサイトリンク集
ビリヤード書籍紹介
 
    ビリヤード用語

【あ行】
厚球(あつだま)
的球の中心寄りを厚めに狙わないと取れないボールの並びのこと。
後球(あとだま)
ボールをつき損なって、テーブル上に残されたボールのこと。
イニング
ミスして交代するまでの間のこと。1キューともいうことがある。
イマジナリーボール
的球をポケットするための当たり方を想像した手球の位置のこと。
イングリッシュ
手球を左右の回転をつけて、ひねること。
薄球(うすだま)
的球にとても薄く当たらないと取れないボールのこと。
エイトボール
15番までのボールを使い、最終的に8番を先にポケットしたほうが勝ちとなるゲーム。
押し球
手球の中心より上を撞くことで、的球に当たった後に的球を追うように転がるボールのこと。
【か行】
空クッション
クッションに入れてから的球に当て、ポケットする撞き方。
キャロムビリヤード
手球を2個の的球に当てれば得点となるビリヤード。
キュー
ボールを撞く棒のこと。キュースティックともいう。
キューボール
手球のこと。
クッション
テーブルの内側にはってあるゴムのことで、クロスで覆われている。
グリップ
キューの握り方。
クロス
テーブルヘッドとクッションを覆っているラシャのこと。
コーナーポケット
テーブルの4隅にある穴のこと。
コールショット
落とすポケットとボールを指定すること。
コンビネーションショット
的球→他の的球→ポケットという流れの撞き方。
空クッション
クッションに入れてから的球に当て、ポケットする撞き方。
【さ行】
サーブ
ゲームの最初のショットのこと。
サイドポケット
テーブルの長クッションの真ん中にある2つの穴のこと。
ジャンプショット
キューを立てぎみにして手球を撞くことで、球を跳ね上げる撞き方。
ジョイント
キューのつなぎ目。
ショート
クッションした後の反射角が予想より大きくなること。
スタンス
構えたときの足の位置。
ストップショット
手球を的球に当てたとき、手球を止める撞き方。
ストローク
手球を撞く一連の動作のこと。
スヌーカーゲーム
イギリスやオーストラリアなどで行われているビリヤード。
スリークッションゲーム
キャロムビリヤードのひとつ。
セーフティ
ボールをポケットに落とすのが難しいとき、防御のため相手の撞きづらい位置に手球をもっていく撞き方。
センターショット
手球の中心を撞くショット。
センタースポット
テーブルの中心にある点。
【た行】
ダイヤモンド
テーブルの枠上に等間隔につけられた印のこと。
タップ
キューの先端についている革製のもの。
チョーク
タップに塗るもの。手球を撞いたときに滑らないようにする。
撞球(どうきゅう)
ビリヤードの日本語訳。
トライアングルラック
ブレイクショットの前に三角形にボールをセットするときに使う枠のこと。
【な行】
ナインボール
9番までのボールを使い、先に9番ボールをポケットさせた方が勝ちのゲーム。
二度撞き
手球を二度撞くこと。ファウルとなる。
【は行】
パウダー
キューの滑りを良くするために手やキューにつける粉のこと。
バット
キューのジョイントから太い方の部分。
バンキング
先攻後攻を決める方法。
バンクショット
1度クッションに入れてからポケットするショットのこと。
引き球
手球の下を撞き、的球に当たった後に手前に戻ってくるように撞く方法。
ひねり
手球の中心より左右を撞いて手球に横回転を与える撞き方。
フォロースルー
手球を撞いた後、手球より先にキューを出す動作のこと。
ブリッジ
キューをストロークするとき、キュー先を支える手の形のこと。
ブレイクショット
ゲーム開始の最初のショット。
ポジションプレー
次に撞きやすい位置を考えながら手球をショットし、コントロールすること。
【ま行】
マッセ
キューを垂直に立てて撞き、手球に強い回転を与えること。
メカニカルブリッジ
手球に手がとどかないときに手のブリッジ代わりに使う道具。レスト、リーチともいう。
【ら行】
ラック
最初に三角形にセットされたボールのこと。
ローテーション
15番までのボールを使い、順番にポケットする。ポケットしたボールがそのまま点数になる。

 

Copyright billiard-senmon.com All Right Reserved.